FC2ブログ

青春の憂鬱・朱夏の煌き


song19

KBSJournalの記事

2011/03/08 00:07
テーマ:ソンイルグク カテゴリ:韓国俳優(ソン・イルグク)

KBSジャーナル

Photo

<強力班>の、パク・セヒョク、ソン・イルグク
私たちがこの男に対して分からないいくつ
 
いつも正しく与えられた領域中に色を塗った男はある瞬間よどみなく色鉛筆をからかい始めた。 緩く手首に入った緊張を抜いて、限度を越していくことなどはたいしたことでないように、模範答案のとおり塗るのは退屈なようにそのように色塗りをし始めた。 色塗り勉強に演技を比喩するならば、また、それが可能ならば、<強力班>ソン・イルグクの演技をそのように言うはずだ。

文ウ・ヘミ(《プレービル》エディター)写真パク・ヒョンジン
演劇俳優ソン・イルグク
どのように過ごしたんですか? 昨年夏国立劇場舞台に上がった演劇<私は君だ>終わらせて褒賞受けたダラダラした休暇ならば休養だったであろうに。
運動が好きで、主に運動しながら送りました。
他の事のために外に出て行かなくなりましたよ。
今年の冬は特に寒かったので、ものすごく寒くて。
公演見に行った時、私のすぐに前列にキム・ウルドン先生が座っておられましたよ。
おう、演劇見ましたか?
それが、全体公演回数を100回とすればお母さんは多分80回超えて観覧しに来られたでしょう。(笑い)
初めての舞台なのにダブル キャスティングも拒みながら情熱でぶらさがった作品だと聞きました。
出演提案は<神と呼ばれた男>(以下<神仏社>)前に受けたが、心を決めたのは<神仏社>後です。
<神仏社>時演技より目に見えるイメージチェンジした感じであったし、それで基本に帰りたかったのです。
見える面ならばその有名な‘シックスパック’腹筋です?(笑い)
キャラクターに似合う外形を整えるのも、人物になりきるための努力だと考えました。
 また、それが合うでしょう?
題名は‘神と呼ばれた男’であるが腹の肉だらんと垂れ下がった姿で現れるのもちょっと滑稽で。
そうして、スタイルやヘアースタイルのような部分にさらに多いエネルギーを一度に注いだら私の不足した演技が見えるんですよ。
‘今までクソもミソ分からずに演技してたんだな…この間、言われるままの演技だったんだ。 私が作ったのではない。’
そのような一歩遅れた悟りだとでもいいましょうか。
演劇が良い機会でした。
私にいつかパク・チョンジャ先生、ユン・ソクファ先輩のような演劇界の巨匠らと共同作業してみなさいと
これは必ず捉えなければならないという感がしたし、結果的にたくさん学びましたよ。
例をあげれば? 台本に対する姿勢から変わりました。
TVドラマ作業する時は台本分析はさておき組んでおいたスケジュールのとおりあるカット、あるカット、消化するのに忙しいんですよ。
演劇は違いました。
単語一つを置いても一日中悩んで、指紋一つもそのまま移ることができません。
ひとまず幕が上がれば違った部分自体編集できないから、自ら完ぺきに準備された状態でなければなりません。
これまでしてきた方式と違い呼吸が長い作業をしようとすれば負担も大きかったです。
ストレスが話にもならなかったんですよ。
舞台に立つ瞬間全てのものがありのまま観客に露出するから。
完ぺきに作品を理解して、また、それを正確に表現したかったのです。
嘘ではなくて本当に死ぬほど練習しました。
そのように数ヶ月トレーニングしたから、今や演技を少しわかりそうなったんですよ。
その多くの台詞を全部覚えたとのことが自らも感心だったり。
 こういう話をすると恥ずかしいが、以前に台本見る時は指紋の部分は一度すっと読んで、また見つめることもなかったんですよ。
今はかえって指紋だけある場面が難しいです。


刑事パク・セヒョクvs俳優ソン・イルグク
演技生活のターニングポイントを経験しただけTVドラマ<強力班>がより一層期待されるが、事実<神仏社>以後次期作で映画をしたかったのではないですか。
TVドラマを選択した理由とその中でも<強力班>を選択したきっかけが気になってくる時点ですが。
 <強力班>提案が入ってくる前にすでに映画は決定されました。
撮影時期は7月から9月位に据えられています。
まだシナリオ作業中なので明確に話すには早いが、<先生キム・ポンドゥ>の、チャ・スンウォン氏が引き受けた役割と似たキャラクターです。 なぜかちょっといいかげんで、見ていれば笑いがにじむ。
人々がよく思い浮かぶソン・イルグクという俳優イメージと組み合わせやすくはないキャラクターですが。
主人公で意外なイメージを持った人物を探していた映画製作者方々がちょうど<私は君だ>を見て冒険をしたことでしょう。
アン・ジュングンそして、精神的起伏が甚だしいアン・ジュングンの息子眼中生の役割まで、1人2役をするのを見て‘あの友人ならばぴったりだ’と思ったそうです。
ところで映画撮影前、スケジュールが空く時点に<強力班>提案が入ってきました。
台本を見たら、今までしてきた役割とこれからする役割のぴったり中間地点なのです。
欲しかったです。
そうですね。
事実男たちには刑事の役割がロマンではないですか。
撮影する時、見るからいいかげんな雰囲気が結構からだにぴったりくっついたんですよ。
今回引き受けたパク・セヒョクというキャラクターが犯人を捉えるためなら手段と方法を選ばない刑事としながらです。
一言では正義感に燃える多血質刑事. 。事故で娘を失いながら刑事になったという事情を持った人物です。
状況のために性格が荒々しく変わった人でしょう。
植物を愛して魔術と仮面劇で学生たちを気楽にしてくれる教師という過去が信じられないほど。
刑事物だと見るとアクション場面もたまに登場すると思うが、配役のために特別に準備したことはありますか?
<神仏社>時はからだ作るのにおよそ1年間鶏肉だけ食べて苦労されたのでしたね。
撮影序盤だとまだ本格的なアクションシーン撮影は入らなかったが話が進行されるほどアクション場面がしばしば登場します。
それでも別に習ったりはしていませんよ。
今回の作品は強力班刑事パク・セヒョクが体験する感情から自然にに表現したいですね。
やったことのないキャラクターを最大限自然に生かすのがまず目標です。
すばらしいふりをすることよりは多様な表情も生かしてみたり。

検挙率は他の追従を許さないが多血質性格のために告訴にまきこまれるパク・セヒョクのように、実際生活で性格のために悔しかったことはなかったですか?
寡黙で誤解を生じる、そういったことです。
この頃は現場でとても悪戯をするのが問題です。(笑い)
本来私は人に自分から近づけるような性格ではありません。 そのうえ図体大きい人がじっとしているから、意図とは違うように難しくて恐れられましたよ。
それで先に相手俳優やスタッフらに話を付けておいて、ちょっとそうしましたよ。
そのように数年過ぎてみると、これが本当に私の性格のようになったのです。
顔自体が真剣に生じてバカらしいことしても、バカのように見る人もいないです。 だから意地悪な行動も安心してします


夏には映画の撮影ということは、上映はお正月ごろかしら・・・^^
次が決まってると
今年は放映が終わっても空のス症候群は免れるかな
 
記事も写真も良いので今度こそ最後カナ有終の美として

<強力班>は私が望んだドラマ
顔の話が出たので話しましょう、あえて分けるなら真摯な顔だといたずっぽい色を加えるということは、事実易しくはないでしょう。
ひょっとして俳優として顔に対する不満はないですか?
チャン・ドンゴン氏はハンサムな顔が幅広い配役の障害物とも言ってましたね。
私はチャン・ドンゴン氏ほど美男型ではないので、そのような悩みはしたことなくて…. ところでできたのが、真剣で表情演技をする時筋肉をあっちこっちたくさん動いてもかえって誇張されたように見えなくて良かったんですよ。
またそうなるんですか?(笑い)
現場のムードメーカーのほか、今回の作品でこれはソン・イルグク、私でなくてはいけないと思った部分がありますか?
そうだね、体力かな?
今まで一緒に作業した監督達が最も好んだ部分が強靭な体力です。
どんなスケジュールも閉口せずにみんな消化するから。
俳優には大きい福でしょう。
そうです。
史劇撮ってる途中、現代劇撮ればいたずらをするようですね。
もちろん課長だが、それだけ史劇は体力消費が途方もありません。
 オウ、今は天国です。
少し残念な話ですが、最近作らは達成度がちょっと落ちたのが事実です。 <強力班>で期待する部分がありそうなのですが。
高い視聴率? 大当たり? こういうのは望んでいません。
撮影すること自体が幸せですね。
演出とカメラ監督そしてスタッフらの情熱がすごいです。
それで私も尻馬に乗って、仕事が面白くて結果がいずれにせよ、ひとまず私が幸せだから。
こういう心が作品によく溶けて、視聴者たちに伝われば視聴率も自然に上がるんではないでしょうか。
本物ですか?
ちょっと陳腐なのですが。(笑い)本当です。
初めにはキム・スンウ氏がキャスティングされたといって、さらに関心があるように思ったが、このように良い条件で撮影できるとは予想もできませんでした。
健康ために惜しく下車したりしたが。
良い条件です? あ、アレック社のカメラ話でしょうか?
はい。
ドラマでは国内最初に使うカメラです。
結果は良いが撮影は易しくありません。
あんまり繊細なやつだとフォーカス合わせも大変で、また、ズーム機能が制限的だと、近くとろうとするなら、カメラ全体が動かなければならなくて、撮影時間が普通カメラに比べて倍はかかります。
それで俳優らがそんなに歓迎するカメラではないと言うんですよ。
それでも私は、全く睡眠を取らせないで撮っても良いから、これで撮影してくれと言いたいですね。
大変でも作品の質を高めようと、皆‘ゥシャウシャ’とする雰囲気で仕事をするからそれが幸せなのです。
昨日セットも見てきたけど、それは芸術だったんですよ。

英雄イメージは両刃の剣
<強力班>が欲望の特別区域の‘江南’で起きる事件を扱った話だということは知っているが、どんな作品なんですか?
社会的でも地理的に江南という所が興味深い地域でしょう。
アイドルと韓流で代表される演芸ビジネスと8学区、テンプロとホストバー、不動産再開発と整形、ブランドとファッションなど江南だけが持つ特殊な環境で起きる犯罪らを通じて私たちの自画像を映します。
同感される部分が多かったですか?
事実臨場感を感じたくて初めての撮影入る前に一日中江南警察署で当直勤務に立ちました。
ところがこの日はとても寒くて事件も起こりませんでした。
不幸でしょうか、幸いなのでしょうか?
結果的にはおかげで刑事らと多くの時間 話を交わしましたよ。
刑事らが体験したあきれる事件を聞きながらキャラクターを理解するのにとても役に立ったのが、仕事をしてみれば荒れるしかなかったんですよ。
事件日誌というのがあるでしょう?
 読んでみたら、とても腹が立ってくやしい事件が多いです。
本当に犯人を捉えたい程。
正義を守る刑事は、他の見方をすれば現代版英雄でしょう。
この間たくさん受けた質問かもしれないが、フィルモグラフィーは増えてもキャラクターは終始一貫した感じです。

<愛情の条件>ナ・ジャンス、<作業の定石>ソ・ミンジュンなどかなり多様なキャラクターを演技したと考えるのにまだ<朱蒙>から続いてきた英雄イメージが強いです。
<神仏社>も題名だけ見て‘ソン・イルグク、また、英雄するんだね?’
でしたが、事実内容は英雄とは距離が遠いでしょう。
自分のお父さんの復讐するのが、どうして英雄ですか。
この前ハン・ヘジン氏が、あるインタビューでそうしましたよ。
まだ‘ソソノー’と呼ばれると。
そうしたことでしょう。
適当な比喩ですね。
ところで俳優が一生大きい作品のタイトルを引き受けるのが容易でありませんね。
大きな愛まで受けるというのは、本当に天運を持って生まれなければなければならないと思います。
だから英雄イメージが強く残ったのも本当に光栄です。
私がとても有難いと考えるのが、作品がうまくいって高句麗史に対してよく分からなかった人々が、歴史を理解することができたということです。
特にドラマが外国で人気があること、それは重要です。
私たちは普通そうして見たところで後進国で、人気があるのではないかというでしょう。
もちろん先進国で人気が高ければ経済的に役に立つでしょう。
しかし、低開発国家国民がドラマを通じて我が国に対して、友好的で肯定的に考えるのが、後日を見ればより大きい収益だと見ます。

意外な男、ソン・イルグク
インタビューにくる前にデビューの時の写真から最近の写真までずっと探してみました。
年取るほど魅力的な顔になるようだが、それだけ演技幅も広くなりそうではないですか?
本当ですか? 年取るほど魅力的な俳優. それは本当に私の夢です。
それではしたい配役ありますか?
いいえ、そういうことはないです。
入ってくればすべてやります。
どんなインタビューをしても、望む配役を尋ねるのに俳優は選択される職業です。
そのような職業群を持った人に望む配役を尋ねるのは誤った質問のようです。
そのように考えますか?
還暦を越した我が国の俳優で、頭にすぐに浮び上がるセクシーな俳優いますか?
ア、離居されるように誤解と聞こえるんですが?(笑い)
私が気になることはショーン コネリーのように年を取ってもセクシーな雰囲気が漂う俳優がなぜ我が国にはいないか、とのことでしょう。
私自身が年を取ってもセクシーになれれば、配役が入ってくるのではないでしょうか。
それで今から着実に管理して努力しているところです。

口数が少ないようなのに、また話す言葉は清々しくて、真剣に見えながらも、とてもとんでもないようだったり….
聞かれるところによると、自宅パーテイー開くほどのソン・イルグクの意外性はまだありますか?
(携帯電話アルバムを見せて)、こうしたこと公開してもかまわないでしょうか?
 私はテーブルウェアが大好きなんです。
これは私がすべてセッティングしたんですよ。
きれいでしょう?
他の人々は 服買って鞄肉の時の前 テーブルクロス縛る時使うアクセサリーのようなものを使用
 
関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 詩、短歌
もくじ  3kaku_s_L.png 創作
もくじ  3kaku_s_L.png artwork
もくじ  3kaku_s_L.png photo&drawing
もくじ  3kaku_s_L.png song19
もくじ  3kaku_s_L.png 韓流雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 韓国ドラマ
もくじ  3kaku_s_L.png 発酵家族
もくじ  3kaku_s_L.png 随筆/日記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←恋して、愛して、愛をしって    →一国様より応援メッセージ
*Edit TB(0) | CO(2)

~ Comment ~


長期連休どのようにお過ごしでしたか

KBSジャーナル、言い記事載せますよね!
たまにワールドのほうにもおこぼれがあって嬉しいんですが
解約してしまいました。
車に自分を映すイルさまいいですね。(#^.^#)
すごーくアングルになりまそうな。
和さま絵が描けるのでは。(^_-)-☆
#10[2011/05/07 13:16]  miumiu美雨  URL 

Re: Re: 長期連休どのようにお過ごしでしたか

> 美雨様、寂しい新本宅の方にまで気遣って下さりありがとうございます^^
>
> > KBSジャーナル、言い記事載せますよね!
> > たまにワールドのほうにもおこぼれがあって嬉しいんですが
> > 和さま絵が描けるのでは。(^_-)-☆
>
> ひかりTVはKBSワールドは標準設定なんですが、ガイド冊子は届かないんですよ><
> 例の丸写しにしては雑なイラストの原画も、ネット上からの頂きものなんですよvv
> イルグクさん描いてる時はとっても癒されて幸せなんですが、手が遅いので、なかなか時間が取れないのがナヤミ…
> 同じドラマを何回も見てる時間はあるのにねぇ…
#12[2011/05/08 09:27]  和^^  URL 














管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←恋して、愛して、愛をしって    →一国様より応援メッセージ