FC2ブログ

青春の憂鬱・朱夏の煌き


詩、短歌

邪心

img_294637_30508889_0.jpg


その駅に降りてはいけなかった


コスモスがきれいだからなどと


これ見よがしに大きなカメラ片手に・・・







同じ町の二つ隣の駅に引っ越してきたと知っ日から


どんな大義名分があろうと


その町に行くときの心中は不義でいっぱいなのだから





野球少年達の騒ぐ車内


小さな商店街で背の高い中年の後姿を見つける度に


五月蝿い!


と怒鳴ってみる


車を振り返るその姿は期待しているその人ではない





小さな踏切で待つ間、車の隣に自転車が止まる旅に


逸る心


そっと覗いてみる


怪訝そうに運転手を見返される


また誰かを期待する





車を持たないその人は もとより運転も出来ない


その駅に電車が止まる旅に、


人ごみの中をいつも目は勝手に誰かを探している





夢と理想と野望を追い続ける故に


愛を留めておくことが出来ないその人は


今もまた孤独の中らしい


溢れるばかりの才能は大勢の人を惹きつける


けれど生涯一番近くにいて欲しい人が又さって行ったらしい





そういう噂を耳にしながら


遠くで見守る人がまた一人増えただけの事



密かに微笑んでみる

関連記事
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 詩、短歌
もくじ  3kaku_s_L.png 創作
もくじ  3kaku_s_L.png artwork
もくじ  3kaku_s_L.png photo&drawing
もくじ  3kaku_s_L.png song19
もくじ  3kaku_s_L.png 韓流雑記
もくじ  3kaku_s_L.png 韓国ドラマ
もくじ  3kaku_s_L.png 発酵家族
もくじ  3kaku_s_L.png 随筆/日記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  ↑記事冒頭へ  
←善徳女王50話談合の丘=朱蒙の丘    →私はお前だ
*Edit TB(0) | CO(0)
ジャンル:[小説・文学] テーマ:[詩・ことば

~ Comment ~















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


  ↑記事冒頭へ  
←善徳女王50話談合の丘=朱蒙の丘    →私はお前だ